フィリピンでスマホ用シムカードは日本で買えるSIM2Fly一択

こんにちは。
先日、フィリピンへ出張してきましたが、
ネット環境をどうするか、色々と悩みました。

色々と検討して出した結論が、
amazonでSIM2Flyというsimカードを買う事です。

どうやって買えばいいのか、実際にフィリピンでネットは使えたのかなど
レポートします。

 

amazonでSIM2FlyのSIMカードを購入する方法とは

 

 

今回の出張で役に立ったのが、
amazon経由で購入した、SIM2FlyのSIMカードです。

 

アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly
Amazon.co.jp: アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly: 家電・カメラ

 

こちらは、フィリピンだけでなく、オーストラリアやシンガポールなどでも利用できるsimカードで、
アクティベーション(最初の接続)から8日間(正確には192時間)で4ギガ分利用可能です。

8日間4ギガ分利用できて、お値段が1400円。

成田・羽田・関西空港などでWIFI端末をレンタルするよりお安く、しかも多くの容量を使う事ができますよ。

 

利用できる国一覧
日本
韓国
台湾
シンガポール
オーストラリア
インド
ラオス
香港
マレーシア
マカオ
フィリピン
カンボジア
ミャンマー
ネパール

こちらの国に旅行するのでしたら、
絶対におススメです。

 

実際に購入してから接続まではすごい簡単

 

amazonで商品を買ったことがある人なら、
簡単に注文できます。クリックして、amazonでいつものように申し込むだけで、OKです。

 

在庫があれば2、3日で指定した住所まで郵送してくれます。普通郵便なので、家のポストに配達されますから、留守がちでも安心です。

 

中には使い方の説明書と、simカードが入っていました。

すべてのsimカードに適応できるようになっています。お使いのスマホの形状にあわせて、切れ込みからsimカードを離してください。
(ここ、重要な作業です。間違って切らないよう慎重に)

そして、simスロットから今使っているsimカードを取り出して、切り取ったカードを入れれば準備完了です。

 

私の場合、説明書の設定をしなくても、自動的にAPIの設定がなされましたが、もしかしたら、API設定が必要かもしれません

AIS
※自動的に、設定されていました。

 

注意事項としては、購入したsimカードをスマホに入れて電波をつかんだタイミングでアクティベーション(利用開始)となりますので、
旅行の日程を意識したタイミングで、アクティベーションをしてください。

また、ローミング設定をonにしないと使えませんので、こちらも注意です。

アクティベーションしたら、タイ語と英語のSMSが何通か届きますが、無視しても大丈夫です。
下のようなSMSです。

 

AIS

 

日本で実際に使ってみた

 

フィリピン滞在期間が3日だったので、
出国の朝に、アクティベーションしてみました。

日本ではソフトバンクの電波をつかむようです。
普段は、docomoの電波なので、なんだか不思議な感じです。

スピードは全然問題なく、朝早い時間帯ですが30Mbps出ていました。このくらい早ければ動画再生は問題ありませんね。

AIS

 

 

日本で電波が掴まえられるという事は、
このまま海外でも使えることになりますので、
テストする意味でも、事前に設定しておくといいかもしれません。

フィリピンで使ってみた結果は

日本ですでにアクティベーションをしていたため、
マニラに到着し、機内モードを解除してもいいというアナウンスを聞いた
タイミングで通常モードに変更すると、数十秒程度で電波を拾ってくれました。

もしも、しばらくたってもつながらないのであれば、
AISのローミング扱いなので、
ローミング設定がonになっているか確認しましょう。

空港からホテルまでの移動中や、マカティ地区でのショッピング中などで
スマホを使ってネット接続していましたが、常に4Gの電波を拾ってくれて、

普通にgoogleやInstagram、Facebookなどはストレスなく使えましたし、
Youtubeの動画も問題ありませんでした。

ただ、ホテルの部屋が高層階だったためか、
ホテルでは速度が遅かったです。

帰国後日本でも使える

こちらのsimカード、8日(192時間)使えるので、
帰国してからも期限までネット接続が可能です。

8日以内の旅行で滞在中に4GBも使っていないのあれば、
帰国してもsimカードを外さずにそのままにしておいてもかまいません。

日本ではソフトバンクの電波を使うことになりますが、
普段docomoを使っている人でもストレスなく使えると思いますよ。

月末に通信制限がヤバい人は、特にそのままにしておくことを
おススメします。

 

終わりに

肝心のsimカードのお値段は、
8日間192時間の時間で4GB使えて1400円です。
(2018年11月現在)

普通に空港でWIFIをレンタルする場合、
1日利用でも数百円かかり、さらに故障や盗難防止の保険などに入ると、
2~3000円は平気でかかりますから、simカードのほうが安上がりです。

 

通信代は、安ければ安い事に越したことはないと思います。
浮いたお金で、お土産を買ったり、ちょっとグレードの高い食事をするなど、
他のアクティビティを充実させてはいかがでしょうか。

 

アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly
Amazon.co.jp: アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly: 家電・カメラ

 

 

 

コメント