食事量を調整した二週間でした|リバウンド防止日記(2019.5.12~2019.5.25)

 

こんにちは。
けいた(@keita4212)です。

リバウンド防止日記です。

今回は、出張を挟んだ2週間の取り組みを報告します。

不規則な生活の中で、リバウンド防止を頑張っていました。

リバウンドに悩んでいるあなたの参考になればと思います。

出張へ行くと食べたくなる法則

2週間の真ん中に海外出張がありました。

もともと、食べるのが好きなんで、出張先の美味しいものには目がありません。

普段は食べない朝食もホテルだからとバクバク食べますし、もう二度と来られないかもと想うので、手当たり次第に名物料理も食べてしまいます。

お腹は常に腹パン状態。 行き過ぎると、リバウンドしちゃいますよね。    

出張時のリバウンド対策を紹介します。  

 

今週のリバウンド防止対策

リバウンド防止対策1:割り切る

出張へ行くと、もりもり食べることがわかっていたので、食べすぎて体重が増えることは割り切っていました。

そうすることで、食べた後の罪悪感が軽減されます。  

 

頭の中では、あくまでも出張時のボーナスタイムという理解です。  

チートデイに似ていますよね

 

リバウンド防止対策2:炭水化物は必要以上に食べない

対策2つ目は、炭水化物は必要以上に食べないということです。

出張先のホテルで、美味しそうなパンやフルーツなどが並んでいました。

全種類制覇したくなりますが、食べきると炭水化物オーバーになるので、ぐっと我慢。

我慢といっても、何も食べないのではなく、3種類とか5種類というように自分ルールを作って、食べたいものをセレクトしました。  

自分ルールで、食べたいものを選ぶことで、

「なぜこれを食べたいのか」

という自問自答ができました。  

おかげで、納得の行く食事ができたと思います。

 

リバウンド防止対策3:夜の会食でお酒を飲むときは、炭水化物をほどほどに

リバウンド防止対策の3つ目は、

お酒を飲む時は、炭水化物を程々にするということです。

出張先の夜は、どうしても会食がつきまといます。

自然とお酒の量が多くなってしまいますから、それに比例して炭水化物も食べたくなります。    

酒飲んだ後、締めのラーメンを食べたくなる気持ちですね

ということで、「お酒を飲む=炭水化物を控える」というルールを作って、食べ過ぎを防止しました。  

リバウンド防止対策4:運動不足解消のため歩く

最後が、運動不足解消のために歩くということです。

治安が悪い場所だと、散歩はおすすめできないのですけど、それなりに気をつければ大丈夫という地域であれば、ホテルの周辺を散歩するだけでも、いい運動になります。    

出張時は特に歩く機会が減るので、無駄に歩いています。  

  また、ジムがついているホテルもありますから、気軽に運動できますよね。  

 

今週のまとめ

 
出張時のリバウンド防止対策を行ったため、最高で70キロの体重となりましたが、徐々にもとに戻って68~69キロをウロウロしています。

リバウンド防止のため、自分ルールを作りながら、ルールを守れるか日々チェックすることが大事ですね
 
 
 

 

今回の工夫点 :メリハリをつけて食べる時は思いっきり食べる。
 
 
 
ぜひ、参考にしてください。

コメント