横浜駅から少し遠いけど、行く価値のある昭和な洋食屋「テル」

4.5

こんにちは。
けいた(@keita4212)です。

横浜駅は、JR、京急、相鉄、東急、市営地下鉄が乗り入れる一大ターミナルです。

駅の近くには、たくさんの飲食店が軒を連ねていますが、
繁華街を抜けた住宅街に、「レストラン テル」という老舗の洋食屋があります。

昭和感満載のお店なんですが、コスパ最高のお店です。
今日は、キッチンテルについて紹介します。

キッチンテルの基本情報

キッチンテルは、横浜駅から徒歩15分くらいの住宅街、マンションの1階にあります。
横浜駅西口を出ると、横浜ビブレ、ドン・キホーテを抜けて、岡野公園の方へ向かいます。
スポーツジムのルネサンスが見えたら右へ曲がり、川を渡り、
川沿いの道をしばらく進むと、右側にテルの入ったマンションが見えます。

車で行く場合、環状1号線の浅間町近くにお店がありますけど、
周りに駐車場がないので、車だと苦労するかもしれません。

入口を見ると、特に女性の方は一歩引いてしまう佇まいですが、
一度、キッチンテルの料理を食べると、何度でも通いたくなると思います。

レストランテル

住所 神奈川県横浜市西区浅間町3丁目165−4 ダイアパレス浅間町1階
時間 11:30~20:00
地図

レストランテルの魅力

魅力その1 リーズナブルでコスパ最高な400円メニューがある。

ワンコインのお店は多くありますが、キッチンテルではこの令和時代に一日中400円でセットが食べられます。
どのメニューも1から作り、ライス、スープ、サラダつきというから驚き。

ランチを除く4つのメニューを紹介します。

ビクトリア定食

薄いメンチカツというイメージ。たっぷりのデミグラスソースがアクセントです。

 

 

メンチカツ定食

大きなメンチカツと、目玉焼きのセットです。ソースと醤油で召し上がれ。
目玉焼きは、黄身が半熟なので、ライスに載せて醤油をかけ食べても最高です。

レストラン テル

レストラン テル

焼肉定食

炒めた豚肉が4枚ついたボリューミーな定食。
揚げ物の気分じゃ無いときに、おすすめです。

レストラン テル

レストラン テル

変わりチキンカツ定食

チキンにチーズを巻いたフライに、デミグラスソースがかかっています。
ナイフとフォークで切ると、トロウマな肉汁がでてきて幸せです。

レストラン テル

レストラン テル

魅力その2 リーズナブルかつ豊富なメニュー

魅力2つ目は、400円定食以外にもたくさんのメニューがあることです。
パスタやオムライスといった定番から、ハンバーグ、
カツカレーといったボリューミーなメニューまで
一通り揃っています。

レストラン テル

ナポリタンやミートソースも400円です。

レストラン テル

こちらはハンバーグ。
ビクトリアカツの揚げていないバージョンな感じです。

魅力その3 漫画雑誌が豊富

魅力の3つ目は、昔の洋食屋ではよく有りました、漫画雑誌が豊富ということです。
店に入ると、所狭しとたくさんの漫画があり、料理が運ばれるまでの間、
満喫できます。
懐かしの漫画や、お気に入りの漫画が見つかるかもしれません。

魅力その4 店主の人柄

寡黙な主人と、忙しい時はフロアーを担当する女性の方で切り盛りしています。
必要最小限の言葉だけで、威勢のよさはありませんが、
料理に対してひたむきな気持ちが伝わってくる、
感じの良いお店です。

おわりに

横浜駅から少し離れていますが、
近所には大型ショッピングセンターのサミットや、少し歩くと、横浜随一の洪福寺笑店街も
ありますので、散歩がてら訪問してみてはいかがでしょうか。

座席数は10席程度と少ないので、混雑時間を外して訪問することを
おすすめします。

 

横浜駅や、最寄りの相鉄線平沼橋駅から少し距離ありますけど、
歩く価値のあるお店ですよ。

 

コメント